薄毛対策の新常識!キャピキシル高配合育毛剤ランキングBEST3

話題の新育毛成分キャピキシルが配合された育毛剤ランキングです!キャピキシルの効果から副作用の有無、噂のピディオキシジルの効果効能まで解説しています。
MENU

キャピキシル配合育毛剤ランキング!おすすめはコレだベスト3!

 

今話題のキャピキシジル配合の育毛剤。29歳から薄毛で悩んできた管理人は、今まで色んな育毛剤を試してきました。効果のないものがほとんどでしたが、そんな中で確かな効果を実感し行き着いたのがこのキャピキシル系育毛剤です。

 

ここではそんなキャピキシル配合育毛剤の中でも、総合的に見て評価の高いものをランキングで紹介しています。ぜひお役立てください。

 

キャピキシル配合育毛剤を選ぶ3つのポイント!

配合成分はどうか?

キャピキシル濃度5%はもう当たり前の時代ですが、その他有効成分の種類や濃度がどのくらい配合されているかが評価のポイントとなります!最近では新育毛成分ピディオキシジル配合の有無や濃度も注目です。

浸透力は高いか?

いくら良い成分が配合されていようとも、浸透力が低ければ効果はあまり期待できません。浸透力を高めるためにいかに工夫がなされているかもしっかりチェックしておきましょう!

コスパはどうか?

継続して使い続ける育毛剤だからこそ、コスパはやはり重要です!安かろう悪かろうでも意味はないですし、その効果に見合った価格、もしくはお値段以上の効果が期待できるものを選びましょう。

フィンジア

価格:9,980円(50ml)
配合成分:
浸透力:
コスパ:

  • キャピキシル5%(業界最高濃度)!
  • ピディオキシジル2%(業界最高濃度)!
  • カプサイシンで独自の浸透技術を実現!
  • 価格が9,980円と格安!

ボストンスカルプエッセンス

価格12,800円(60ml)
配合成分:
浸透力:
コスパ:

  • キャピキシル5%(業界最高濃度)!
  • ピディオキシジル1.5%
  • フラーレン配合!

Deeper3D

価格13,860円(60ml)
配合成分:
浸透力:
コスパ:

  • キャピキシル配合育毛剤の先駆け的存在
  • キャピキシル5%(業界最高濃度)!
  • 価格が少しお高め

キャピキシルとは?

キャピキシルって名前はすごく聞くけど、そもそも何なの?どういう成分なの?という方もいると思うので、簡単に説明しておきたいと思います。

 

キャピキシルは、もともとはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品開発会社が開発した育毛成分です。その原料は成長因子であるアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスをプレミックスしたもので、AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼを阻害する働きがあります。

アセチルテトラペプチド-3

アミノ酸が豊富で、細胞外マトリクスの修繕作用があるため毛包の維持に効果的。

アカツメクサ花エキス

イソフラボン類を豊富に含むのが特徴。

このアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスの成分が合わさったものがキャピキシルという成分であり、育毛に絶大な効果を発揮します。

キャピキシル配合の育毛剤はここがスゴイ!3つのポイント

驚くべき育毛効果

キャピキシル配合の育毛剤にはAGA(男性型脱毛症)の原因を阻害する作用があるので、フィナステリドやミノキシジルといった医薬品と同等レベルの確かな育毛効果が確認されています。ある研究データでは、ミノキシジルの3倍相当の育毛効果が見られたというほど。

副作用一切なし

フィナステリドやミノキシジルといった医薬品には副作用があるため注意が必要ですが、キャピキシルには副作用が一切ないことも注目を浴びているポイントです。男性のみならず薄毛に悩む女性でも安心して使うことができます。

他成分との併用も問題なし

ミノキシジルとキャピキシルを併用することで、それぞれ単体で使うよりもさらに育毛・発毛が促進したというデータもあります。これまでミノキシジル単体では発毛効果を実感できなかったという人でも、キャピキシルを取り入れることで飛躍的な効果を得ることも期待できます。

キャピキシルには副作用があるのか?

キャピキシルにはミノキシジルと同等の、またはそれ以上の育毛効果がある成分なので、医薬品であるミノキシジルのように副作用があると心配する人も多いようですが、キャピキシルには副作用は一切ありません。

 

キャピキシルを主成分とした育毛剤には副作用もなく、頭皮環境と整えるにあたって有効な成分ばかりなので、育毛を予防・促進するにあたって非常に便利で安心なアイテムと言えます。

 

日本でも2005年に認可されて以来、、ミノキシジルやフィナステリドやミノキシジルといった発毛効果の高いAGA治療薬が主流となっていますが、これらは少なからず性欲の減退や皮膚のかぶれ、炎症などの副作用が懸念されてきました。

 

しかし、キャピキシルという成分が開発されたことにより、より気軽に性別関係なく自宅で育毛に取り組むことが可能になったのです。キャピキシルを用いた育毛は、確実にこれからの時代の育毛剤のメインストリームになるでしょう。

 

これまでAGA治療薬は怖くて使えなかったという人や、ミノキシジルとフィナステリドだけでは限界を感じていた人におすすめです。

最新の成分ピディオキシジルとは?

フィンジアとボストンスカルプエッセンスには、ピディオキシジルという新成分が配合されています。

 

これは発毛効果が医学的に証明されている数少ない成分で、構造がミノキシジルに酷似していることから、頭皮ケアに近年大きく期待されている成分です。

 

聞きなれない名前かもしれませんが、有名どころで言うと、スカルプDシャンプーを発売しているアンファーさん。そのアンファーさんが発売しているまつ毛美容液にもこのピディオキシジルが配合されています。

 

アンファーのまつ毛美容液と言えば、芸人の渡辺直美さんがイメージキャラクターをつとめる女性に大人気のまつ毛専用の育毛剤ですね。この成分が、まつ毛だけでなくもちろん髪の毛にも効果があるとして、育毛業界の次世代のエースの期待がかかっています。

 

このページの先頭へ
ツインファミコン