キャピキシルとプロペシアの併用効果について

育毛成分キャピキシルとAGA治療薬プロペシアを併用することによって得られる効果とは?
MENU

キャピキシル配合育毛剤はプロペシアと併用しても大丈夫?

AGA治療専門の治療薬として一番有名なのがプロペシアです。国内では唯一の認可された服用型のフィナステリドとしてかなりの認知度があると思います。

 

プロペシアの主な作用は、AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモン(DHT)を生成させないように働くお薬です。

 

DHTというのは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛性の男性ホルモンです。このDHTは、テストステロンと5αリダクターゼ(還元酵素)と結びつくことで生成されます。

 

ようは、テストステロンと5αリダクターゼを結合させなければ薄毛にはならないというわけですね。

 

プロペシアはまさにこの5αリダクターゼを阻害する効果があるのです。これが、AGA治療の革命的な治療薬と言われる所以ですね。

 

ただし、注意していただきたいのは、プロペシアは薄毛の進行を止める働きをするだけであって、育毛効果はないということです。

 

つまり、プロペシアは今よりも薄毛になるのをストップさせるだけで、そこから髪の毛を回復させるには発毛・育毛効果のある薬が必要となるわけです。
また、プロペシアには性欲減退などの副作用が全体の2〜4%程度あらわれることが確認されています。とはいえ自覚症状によるもので日常生活に支障をきたすほどのものではありませんが、念のため知識として知っておきましょう。

 

プロペシアと併用する有名な成分、おそらくミノキシジルが最もポピュラーでしょう。

 

しかし、ミノキシジルも医薬品なので副作用はもちろんあります。こちらは外用薬なので皮膚の炎症やトラブルがほとんどですが、中には肌に合わず継続できないという人もいます。

プロペシア+キャピキシル育毛剤=効果大!

そこでおすすめなのが、プロペシアと今回の主役キャピキシルの組み合わせですね。キャピキシルはご存じの方も多いと思いますが、ミノキシジルの3倍の育毛効果を持つと言われる成分で、しかも副作用がまったくないことも有名です。

 

そんなキャピキシルですが、プロペシアを併用することでどんな作用があるかというと、ご想像の通りです。薄毛の進行をストップし、さらに発毛・育毛を促進することができるんです!

 

ミノキシジルのように副作用の心配はないので、肌が弱い方でも安心して育毛に取り組むことができるのです。

 

プロペシア+キャピキシル、これが現状では最強の育毛法と思います。

このページの先頭へ
ツインファミコン