キャピキシルの効果が実感できない…その原因とは?

育毛に有効なキャピキシル配合の育毛剤を使っているのに効かないという方はこれが原因かも!?
MENU

キャピキシルの効果が実感できない…その原因とは?

キャピキシルは抜け毛を防ぎ、発毛育毛をサポートしてくれる有効的な成分です。

 

ところが、「実際にキャピキシル配合の育毛剤を使ってみたけど効果なんてないぞ!」「全然効かないじゃないか!」という声がネット上にもちらほら見受けられます。
もちろん、ちゃんと効果を実感している人が多いからここまで話題になっているわけで、その中でも効かない人にはこんな共通点があるような気がします。

キャピキシル育毛剤が効かない原因

その1 頭皮環境がそもそも悪い

いくら良い育毛剤を使っても、頭皮環境が悪ければ抜け毛は止まりませんし、髪も生えてきません。頭皮環境が悪いというのは具体的には、シャンプーがちゃんとすすげてなくて汚れや界面活性剤が頭皮にべっちゃり残っている状態であったり、不規則な生活や偏食など、食生活が悪いせいで髪に十分に栄養が届けられていない、もしくは血流が悪くなって毛根が栄養失調状態になっている、などなど色々な要因が考えられます。

 

育毛は基本的に、掛け算と考えてください。
キャピキシル配合の育毛剤を使ったところで、あなた自身がゼロなら意味がありません。まずはゼロからイチになるようその部分を改善しましょう。

 

その2 使用期間が短い

これが原因の人が結構多いように感じます。1ヵ月2ヶ月使ってみて、「効かない!」「効果なし!」というのはちょっと早すぎますね。

 

キャピキシルはたしかに毛母細胞を活性化させる働きがありますし、還元酵素を阻害する働きもあります。しかし、パワーも面から言うと、プロペシアやミノキシジルよりもマイルドです。効果をハッキリ実感できるまでにはそれなりの期間は必要です。プロペシアですら最低でも半年は使わないとダメなわけですから、キャピキシルだってそのくらいの期間は考慮しましょう。

 

もちろんパワーがマイルドな分、副作用がないというメリットもあるので、そのあたりは使う私たちの選択次第です。安全なキャピキシルを使うことを選んだのなら、コツコツ地道に積み重ねる覚悟も必要です。

 

その3 すでに薄毛が進行しすぎている

すでにツルツル状態にまでAGAが進行してしまっている人は、キャピキシル配合の育毛剤を使っても希望は薄いです。そもそもその段階までくると医療薬を使ったAGA治療が必要になってくるでしょう。むしろ医薬品ですら効果はかなり期待できないと言ってもいいかもしれません。

 

育毛は早期改善が命です。取り返しのつかなくなるまえに、できるだけ早めの予防、対策が必ずあとになって効いてくるので、まだ自分は大丈夫だから…などと考えずに、できればフサフサの段階から予防しておくのがベストです。

 

キャピキシル配合育毛剤ランキングをチェック!

このページの先頭へ
ツインファミコン